オメガの評判はどうなのでしょうか?

そもそもオメガにはコーアクシャルという独自の機能があります。

これは独立時計師のジョージ・ダニエルズが開発した技術で、脱進機機構における摩擦を大幅に低減し、約10年間オーバーホール(メンテナンス)なしでも精度を保つことを可能にしたものです。

1999年にオメガ 『 デ・ビル・コーアクシャル 』 (De Ville Co-Axial )のCal.2500に採用されて以来、この機能はオメガファンにさらなる自信と誇り、そして利便性を与えています。

コスト面や開発面などお金と手間がかかるため、すべてのモデルにちなみに、コーアクシャルはすべてのモデルに搭載されているわけではありません。

▼メンテナンスの手間と費用が不要
通常、オーバーホールは4年に1度行う必要がありますが、その度に費用と修理に出す期間のラグが現れます。これが何とももどかしく、高級腕時計を持つものの宿命と言わざるを得ません。しかも日本人は海外の愛好家とは違って、日常使いする方も多く、その分故障するリスクが高くなり、修理に出す機会が多くなります。
それが、コーアクシャルによって行わずに済むということが、オメガの価値を上げ、評判を高める要素になっています。

▼クオーツ式時計としてのオメガ
クオーツ式時計として、オメガは精度、強度、価格など複数の要素で魅力的です。これは国内メーカーでありクオーツを開発したセイコーの時計にも言えますが、オメガは何より海外でも評判が高いブランド時計ですから、その価値は別格です。メンテナンスいらずな点も、普段使いできる高級腕時計としての評判を高めています。

オメガは機械式時計としてもクオーツとしても、性能面、価格面、そして使い勝手の面でも他の高級腕時計にはない魅力を持っています。