スイスはジュラ山脈の谷間にひっそり佇む小村サンティエミにて、1832年に誕生したのが、腕時計ブランドの最古参であるロンジンです。従来の時計産業は、各地に散らばる時計職人と部品業者に頼った非効率的な製造方法を採っていましたが、ロンジンはそれを改めるべく、1867年に近代的な製造工程を集約した工場を設立しました。この工場は、スイスで初めての時計工場でもあります。

工場設立の同年、パリ万国博覧会では、早くも新工場で製造された懐中時計が銅メダルを受賞し、さらには、1873年のウィーン万博で優秀賞、1885年のアントワープ万博では初めてグランプリを受賞し、時計業者として確固たる地位を築きました。その後も、1889年のパリ万博にて2回目となるグランプリを受賞し、なんと1929年のバルセロナ万博までに通算で10回のグランプリを受賞するという記録を打ち立てました。

ロンジンは、時計業界でいち早くブランドを確立し、その保護に取り組んだ功績でも有名です。時計に記された「ロンジン」というブランド名と、翼の砂時計をかたどったロゴマークによって、ロンジンの時計は広く知られるようになりましたが、1880年代にはスイス連邦知的所有権局にそれらを登録して、ブランド名とロゴマークが唯一無二のものであることの証明を公的に得ました。

ロンジンの腕時計で最も有名なのが、航空時計として開発された「アワーアングル・ウォッチ」です。1927年に単独での大西洋無着陸横断飛行に世界で初めて成功したリンドバーグの名とともに、この時計は今も語り継がれています。リンドバーグは、この単独飛行の経験をもとに、航空中の飛行機に有用な時計のアイデアを練り上げましたが、それを実現するために特殊な機構を開発したのがロンジンだったのです。この時計は、ベゼルの目盛りと針の位置から時角(アワーアングル)を読み取り、飛行機の現在地の割り出しを可能にしました。「アワーアングル・ウォッチ」が発売されたのは1931年のことですが、今も「リンドバーグ」という通称で、当時のデザインと機能を受け継いだモデルが製造され続けています。