スイスの高級時計メーカー、ジラール・ペルゴが誕生したのは1856年のことですが、源流を辿ると、時計師であるジャン・フランソワ・ボットがジュネーブに工房を作った1791年にまでさかのぼることのできる、スイスでも最古参と言ってもよい時計メーカーです。1861年に、時計師コンスタン・ジラールの義弟フランソワ・ペルゴが来日し、スイス時計の普及のため、横浜に日本で初めての時計輸入代理店を作ったことも、日本では有名なエピソードとして語り継がれています。

ジラール・ペルゴは、19世紀後半から20世紀初頭まで、独創性と芸術性の際立った設計とデザインの懐中時計をいくつも製作しています。そのなかには、1867年と1889年の2回のパリ万国博覧会にて金賞を受賞した「スリー・ゴールド・ブリッジ付きトゥールビヨン」もあります。高い名声を得たこのトゥールビヨンで世界的に名を挙げたジラール・ペルゴの時計は、19世紀末には南北アメリカや日本にも盛んに輸出されました。ちなみに、この懐中時計時代の代表作「スリー・ゴールド・ブリッジ付きトゥールビヨン」は、創業200年記念の1991年に腕時計バージョンとしても復刻されています。

ジラール・ペルゴが腕時計の分野に本格進出したのは1910年代のことです。1930年代には腕時計が懐中時計を上回る売り上げを記録し、以降、革新的なムーブメントの開発でこの分野でもトップブランドとして君臨しています。1970年に製品化に成功したクォーツ・ムーブメントを受け、翌年ジラール・ペルゴはクォーツ周波数の標準規格を定め、それが現在でも世界中の時計メーカーに採用されています。ジラール・ペルゴは自社でムーブメントを設計製造する自社一貫生産メーカーですが、これは現在ではスイスでも少なくなっています。

こうして伝統を受け継いで現在に至るジラール・ペルゴですが、その代表作が「ヴィンテージ1945」です。その名が示すように1945年製の角型腕時計からインスピレーションを得たアイテムで、クラシックな優美なスタイルで、時代を超えた名作として愛されている腕時計です。