普通高級腕時計と聞くと、多くの方はオメガやロレックス、ハミルトンなどの人気ブランドのことを思い浮かべることでしょう。しかし歴史あるメーカーとしてティソを挙げることができます。非常に高い品質でありながら値段は上記のブランドより手頃なため、北米では人気がありますがこの日本においてはそれほど知名度が高くありません。それで今回はティソの腕時計についてご紹介します。
TISSOT(ティソ)の魅力
TISSOT(ティソ)はル・ロックルというスイスの小さな町で1853年に設立されました。家内生産で個々に作るのではなく、専門職人組織を作り高いレベルで品質を一定に揃え、商品を量産し始めました。ティソは1930年に世界初の帯磁性腕時計を、1970年に世界初プラスチックムーブメントの腕時計を生み出すなど、歴史を持つメーカーとして世界中で愛されています。今現在はコンパス、晴雨計、高度計、温度計としての機能を備え、機能をタッチスクリーンで切り替える「Tタッチシリーズ」が有名で人気があります。さらに2013年に80時間パワーリザーブが可能な自動巻きムーブメント「タワーマティック80」の開発をするなど、常に業界の最先端を行く時計を作っています。これほどの高い技術を備えていながら、他のスイスの時計メーカーに比べて手頃な価格であるのもティソの腕時計の魅力です。またツールドフランスやNBA、MOTOGPといった様々なスポーツにおけるオフィシャルタイマーに認定されているので、高い信頼性がうかがえます。「同じ額を出すのであれば、ティソこそが最高のクオリティー」という声も多いようで、品質と価格に絶対の自信があるメーカーと言えるでしょう。全体的にデザインはシンプルで大人向けのモデルが多いので、選びやすさにも定評があります。最先端を行く高い技術、定評のある価格帯、信頼性、商品の選びやすさなどを理由に多くの人を魅了してやまないティソを是非コレクションに加えてはいかがでしょうか。