高給実用腕時計の代名詞であるロレックスの歴史は、1905年、ドイツの起業家ハンス・ウイルスドルフがロンドンに会社を設立したことから始まりました。最初はスイスの時計メーカーと提携し、時計を輸入販売するのが目的でしたが、ほどなく腕時計の開発に移りました。1908年にロレックスをブランド名に据えてからは、腕時計における革新的な機構を次々に開発して、腕時計の歴史そのものを作ってきたといっても過言ではないでしょう。

1910年、腕時計では世界初となるクロノメーターの公式認定を受けました。クロノメーターの認定といえば高精度の証明ですが、懐中時計が主流であった20世紀初頭から21世紀の現在に至るまで、ロレックスはクロノメーターの公式認定を受けたムーブメントでなければならないという方針が貫かれています。

1926年には、ねじ込み式の竜頭と裏蓋によって世界初の防水ケースを開発、特許を取得し、「ロレックスオイスター」が誕生しました。その5年後には、こちらも世界初の自動巻き機構を組み込んだ「パーペチュアルローター」を生み出しました。さらに、1945年には、カレンダーが深夜0時に自動で切り替わるデイトジャスト機能を開発しました。つまり、防水、自動巻き、自動カレンダーという現在の腕時計の標準装備を、ロレックスは70年以上も前に完成させていたのです。

その後も、ロレックスは数々の傑作を生みだします。高機能を備えた現在のスポーツウォッチの原型とも言える「サブマリーナー」は特に有名で、今も変わらぬ高い人気を得ています。世界初のダイバーズウォッチである「サブマリーナー」は、1953年に発表されて以降、性能の向上が絶えず図られており、防水機能、回転ベゼルともに高機能に改良され続けています。他にも「エクスプローラー」や「GMTマスター」などの傑作がロレックスにはありますが、いずれも腕時計に必要な機能と精度を兼ね備えており、高級実用腕時計を代表するブランドとして今も業界を引っ張っている存在です。