ロレックスを取り扱っているお店は様々あります。例えばロレックスのみを扱っているお店もあれば、他のブランド・メーカーも取り扱う時計店、ファッションアイテムや雑貨などと一緒に時計を置いてあるショップも存在します。ロレックスを購入できる場所は多く、目にする機会も少なくはないのです。しかし、販売するお店によって若干違いがあることをご存じでしょうか。それが正規輸入品・並行輸入品です。

正規輸入品とは、ある意味でロレックスが直接販売する品を指します。ロレックス本社が運営するお店などが該当し、正規店や正規品取扱店と呼ばれます。正規輸入品を購入したお店へ行けば、直接サポートを受けられるのが特徴です。例えば故障した場合、購入店へ直接足を運べば修理対応してもらえます。

一方の並行輸入品は、様々なブランドを取り扱うお店が販売する品です。インポートショップと呼ばれており、お店のバイヤー(買い付け担当)が海外へと赴き、仕入れてきたロレックスが並行輸入品に該当します。モデルによっては正規輸入品よりも価格が安いことがあります。このため、同じモデルでも並行輸入品のほうが手軽に購入できる可能性もあるのです。

正規輸入品と並行輸入品は価格などで違いが見られます。ただ、品質に関しては、正規輸入品が優れていると言えるでしょう。正規輸入品はロレックスが直接販売するため、コピー品が100%ありません。しかし、並行輸入品はバイヤーの目利きに左右されるため、コピー品が紛れ込む可能性もゼロではないのです。滅多に起こりませんが、信頼できるお店選びが必要になります。

保証内容は、正規輸入品が優れているように見えますが、ロレックスの場合は違いがありません。たとえ並行輸入品であっても、コピー品で無い限りはロレックスの正規保証を受けられるのです。保証期間、アフターサービスや修理対応も全く同じため、保証のみを比較すると並行輸入品でも全く問題ないと言えます。ただし、インポートショップでは修理やアフターサービスを受け付けていない場合もあるため注意しましょう。