スイス人実業家ジョルジュ・ファーブル・ジャコが、1865年にスイスのル・ロックルに設立したのがゼニスです。彼は時計の製造システムを機械化し、初期はリーズナブルな価格の時計を量産していました。お手頃価格で、かつ品質の高い時計が人気を得て、創業からたった10年で1000人以上の従業員を抱える大工場に発展しました。当時のル・ロックルの町では、労働者の3分の1がゼニスの工場で働いていたというほどの隆盛ぶりで、さまざまなコンクールや博覧会で受賞を重ねて、その名声を確固たるものにしました。

ブランド名の「ゼニス」とは、英語の「zenith」のことで、「頂上」や「天頂」を意味します。そもそも、同社が1900年に開発した新型のムーブメントに付けられていた名前ですが、1911年に正式に社名にもこの名が採用されたのです。その言葉通り、天頂にきらめく星のごとく、時計界の頂点を目指すという意味が込められています。

第二次大戦までは、ゼニスでは、一般向けの時計だけでなく、航空、海洋、鉄道などの分野で使用される精密時計の製作にも注力していました。ゼニスの精密時計は高く評価され、日本でも、昭和初期に国鉄で鉄道時計として採用されるなど親しまれていました。

戦後は腕時計に重点を移し、高性能のムーブメントを搭載した腕時計の開発に尽力します。1960年代後半から、各時計メーカーは、こぞって自動巻きクロノグラフの開発に取り組んでいましたが、最初に完成させたのはゼニスでした。1969年に発表された「エル・プリメロ」という自動巻きクロノグラフのムーブメントは、10分の1秒までの計測を可能にしました。これは歴史的な快挙であり、ムーブメントの技術革新に大きく貢献しました。現在に至るまで「エル・プリメロ」は、ゼニスというブランドの代名詞的存在として、コレクションの中核を担っています。

現在のゼニスといえば、文字盤から心臓部がのぞく「クロノマスターオープン」のように高度な機能が売りの時計が有名ですが、2009年の「エル・プリメロ」40周年復刻モデル以降、クラシックなデザインにも回帰しています。