最近の仮想通貨取引は複雑化され、その利用法もバラエティーに富んで来ています。
マイナス手数料で取引する程お得になり、更に独自トークンも取り扱っているZaif(ザイフ)は、仮想通貨取引所の中でも際立って異色な存在です。

安く取引でき、独自トークンで企業の事業活動の活発化も図れる、ただの仮想通貨売買や取引だけではないZaifを、快適に利用する方法をご紹介します。

Zaif取引を安心で便利にする、賢いウォレットを選ぶなら!

まず、仮想通貨を購入する場合に悩むことはウォレットの選び方ですね。
Zaifで取引を行うのであれば、セキュリティ性が高く利便性のある方法が良いです。

仮想通貨の保管方法には、Webオンライン上、オフライン上、ハードウェアウォレットなどがあります。

お薦めは多機能型デスクトップウォレットです。
そして更にUSBメモリーの利用をプラスすることで、パソコン上のみでの取引の不自由さから解放され、利便性の高い仮想通貨取引へと進化させることが可能です。

このUSBメモリーは、安価に手に入るスタンダードな記憶装置ですけれども、その中にウォレットをストックさせます。デスクトップウォレットを高セキュリティ化させ、更にパソコンがある場所ならどこでも利用できるという、携帯可能な利便性も追加させた方法です。

つまり「デスクトップウォレット+USBメモリー」というウォレットスタイルは、仮想通貨の保管方法としてお薦めです。
コインチェック(一部の機能等の停止)で未登録の方は口座開設の記事をご参照ください。

多機能ウォレット《Electrum》について
デスクトップウォレットを活用する場合、多機能ウォレットの「Electrumエレクトラム」は、お薦めです。
Electrumには、コールドストレージやマルチシグネチャ機能が搭載されていて、Zaifでのさまざまな取引に対応できます。

このデスクトップウォレットElectrumをUSBメモリーとコンビで使うことで、デスクトップウォレットの不便さを解消させ、自由度の高いウォレットとして利用できます。

お薦めの使い方は、Electrumをオンライン・オフラインと2つのウォレットスタイルで利用することです。
オフライン上にウォレットをつくるということは、完全にインターネットから遮断された状態で仮想通貨を保管することです。

それは、サイバーアタックや不正アクセスなど、オンライン上ならではの犯罪から仮想通貨を守ることになります。セキュリティ性の極めて高い保管方法です。

ですので、ビットコインを長期的に保管するのには、オフライン上ウォレットが最適です。
オンライン上ウォレットは、送金などのやり取り用とすることで、セキュリティ面も安心できます。

さて、オフラインウォレットというと、トランザクションをダウンロードして、とても重いデータをインストールするイメージがあります。

しかしこのElectrumでは、トランザクションのダウンロードが不要なため、軽量に使うことができます。

このElectrumはビットコインに特化したウォレットなので、他の仮想通貨で利用することはできません。
ただしUIを利用すればデスクウォレットをつくり、ほかの仮想通貨での利用は可能です。

ザイフで未登録の方は口座開設の記事をご参照ください。