仮想通貨にはブロックチェーンが導入されています。このブロックチェーンは、通貨の取引処理を行うためには重要なだけでなく、高い安全性を持たせるために必要です。特にセキュリティは、改竄されることが許されない部分です。ブロックチェーンのサイズはとても重要なものになるでしょう。

近年は、仮想通貨の取引が盛んに行われていて、その代表格はビットコインです。しかし、ブロックチェーン技術の進化が一番早く、今後も大いに期待できるのはNEMなのです。何故NEMが優れているのか、その理由を解説します。

NEMはプロジェクトの名称である
仮想通貨のNEMという名称で紹介されることが多いものの、正しくはプロジェクトの名称です。仮想通貨そのものを指しているというより、仮想通貨プロジェクトの1つであり、実際に取引しているものは別物と考えてください。

NEMには、XEMというトークンが用意されています。このトークンが仮想通貨として使われていて、取引の対象になっています。XEMのトークンは既に発行されている数だけしか用意されておらず、採掘などの方法によって増加することはありません。つまり現時点で発行されているXEMのやり取りを行うのが、NEMの方針となります。

NEMの高騰とブロックチェーンの進化
NEMは、2017年に入って高騰を続けており、時価総額では1億円を超えているのではないかと言われるほど、倍以上に高騰している仮想通貨となります。その背景にあるのは、ブロックチェーン技術の進化と同時に、APIとの直接的なやり取りができるという部分があります。

実はビットコインも、APIへのアクセスは可能になっていますが、間接的なものに限られています。APIとブロックチェーンの間には、アプリケーションが存在し、このアプリを動作させてAPIを動かさないとブロックチェーンデータは見られません。
一方でNEMは、APIサーバーが採用されています。サーバーと連動しているAPIは、ブロックチェーンへの直接のアクセスを許可しています。つまり面倒な作業が無いということで、処理が早くなっていると考えていいのです。

セキュリティはかなり強化されている
APIとブロックチェーンが直接的に繋がっているということは、セキュリティの問題が生まれます。ただ、NEMのセキュリティはかなり万全になっています。ブロックチェーンのセキュリティは、改竄されないものが採用されています。高い危険度を持っているようなバグなどが一切出ていないことで、安心して取引が可能となります。

実はNEMを基にしているブロックチェーンのソフトウェアも登場しており、それがmijinです。ブロックチェーンで多く利用されているこのソフトウェアも、高いセキュリティを持っています。mijinは、大手の企業が実際にデータセンターに取り入れるなどして、プライベートブロックチェーンを作り出し、改竄不能なセキュリティ環境を作っているのです。

高いセキュリティを持っていることが、NEMを躍進させている要因となっています。他の仮想通貨にはない、安心できる環境を作り出してくれるサービスでもありますから、今後も高騰する可能性は十分にあるでしょう。