仮想通貨保管場所「ウォレット」
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入するに当たり、まず必要なのが安全にそして最適に保管管理できるウォレットです。
自分の大切な通貨を守り、更に使い勝手を良くするための保管場所「ウォレット」の賢い選び方をご紹介いたします。

そもそもウォレットは1種類だけではありません。
ウェブウォレット、パソコン上のウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットなどの種類があります。

その中でもセキュリティー面や便利さでお薦めのウォレット「パソコン上のソフトウェアウォレット」と「ハードウェアウォレット」2種類の特徴をご紹介いたしましょう。

ソフトウェアウォレット
「パソコン上のソフトウェアウォレット」とは、パソコンにウォレットのソフトウェアをインストールして保管管理するものです。
このタイプのウォレットは直接インターネット上では保管しません。
他人に任せるウェブウォレットに比べセキュリティー面では安心ですが、自分でセキュリティーをしっかり行う必要があります。

デメリットは、パソコン故障による仮想通貨の取り出し不可能やウィルス感染、ハッキングなどによる盗難です。
一つの提案は、USBメモリーもしくはオフラインのみのパソコン環境でウォレットを作ることです。外部との接触を全くつくらない環境下にウォレットを保管すれば、かなりのセキュリティー向上になります。

ビットバンクで口座未開設の方は当ブログの参考記事をご覧ください。

完全型と軽量型タイプのウォレット
このソフトウェアウォレットのインストールには2種類あります。
一つはブロックチェーンを全てダウンロードして行う、完全型タイプのウォレットです。ソフトウェアには「Bitcoin Core」が一般的です。
この完全型ウォレットは初回起動時にダウンロード時間が数日かかってしまったり、起動する度に同期が必要だったりと、使い勝手の面での大変さがあります。

それに比べ軽量型タイプのウォレットに「Electrum」や「Copay」などのソフトウェアがあります。これはブロックチェーンを一部だけダウンロードし、すぐに利用開始できるタイプで簡単に利用可能です。

バックアップは完全型のウォレットBitcoin Core画面上で行い、軽量型ウォレットのElectrumやCopayなどはペーパー形式です。
ペーパー形式は紙にメモ、印刷、保管して、再度バックアップの必要はありません。手軽さやセキュリティー上も非常に安心です。

更に一つのウォレットを複数のパソコンで利用できる機能があるのが軽量型ウォレットです。完全型ウォレットのBitcoin Coreは複数のパソコン上で扱うことは出来ません。

ハードウェアウォレット
では次に「ハードウェアウォレット」の特徴をご紹介いたしましょう。

このタイプのウォレットは、別個の本体に秘密キーを入れて保管して置くものです。
仮想通貨は公開キーと秘密キーの組み合わせで取引可能になります。
つまりこのハードウォレットに入っている秘密キーを取り出し、もう一つの公開キーと組み合わせ取引をする仕組みです。

利用方法は、パソコンに接続しPINコードを入力してハードウェアウォレット本体にアクセスします。
ウォレットのなかにある秘密キーを取り出し、公開キーとセットにして仮想通貨取引へと進みます。

ハードウェアウォレットを利用するにあたり注意したい点は、信頼できる販売者から購入することです。
このハードウェアウォレットのPINコードを使った詐欺事件が発生しています。購入した時点ではPINコードは入ってはいないはずなのですが、入っていたPINコードをそのまま入力してしまい、保管したはずの通貨を失ったケースです。

このハードウェアウォレットには、仮想通貨取引に必要な秘密キーの暗号化データが入っているだけなので、この点に気を付けて利用すればセキュリティー面でも十分クリアできるでしょう。

ハードウェアウォレットで一般的なのは「Ledger」や「TREZOR」です。

トレザー (TREZOR)は仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)で紹介されていますので、未開設の方は口座開設方法の記事をご参照ください。