「コインチェックでネム(XEM)が盗難されたし、取引所のセキュリティ怖いなあ」
「ウォレットってどうなんだろう。何かいい保管方法はないかな」
「Zaif(ザイフ)のトレザーが気になってる」

そんなことはありませんか?

2018年1月26日、仮想通貨取引所のコインチェックでネムが500億円以上ハッキングされ、大問題となりました。顧客の資産が根こそぎ奪われ、コインチェックは全額、自己負担で補償することに。社会問題となったので、危機感を抱いている人も多いのではないでしょうか。

ハッキングが怖い。そんなとき、ウォレットに保管すれば、ビットコインを安全に守ることができます。Zaif推薦のハードウェアウォレットであるトレザーなら、USBメモリのポートに取り付けるだけで簡単にビットコインの秘密鍵を守ることができるのです。

ウォレットって何するもの?
そもそもウォレットとは何でしょうか。
ビットコインを始めとした仮想通貨は、デジタルデータですよね。触ることもできませんし、取り出すこともできません。よってインターネットに接続している限り、簡単にハッキングされてしまうのです。

そこで、秘密鍵を使ってデータを自分だけのものにして守ります。その秘密鍵を保管するのがウォレットです。つまり、ビットコインがウォレットに入っているわけではなく、秘密鍵がウォレットに入っているのです。

この秘密鍵をウォレットに入れて守る方法はさまざまです。オンラインにつながったまま保管するのがホットウォレット、インターネットから切り離して保管するのがコールドウォレット、紙に印刷しておくのがペーパーウォレット、そして、物理的にUSBデバイスに保管するのがハードウェアウォレットです。

ハードウェアウォレットのトレザーは何するもの?
Zaif(https://zaif.jp/trezor)では、ハードウェアウォレットを購入することができます。それがトレザーです。
値段は 22,000円で、ブラック・グレー・ホワイトを購入することができます。送料も込になっています。

トレザーの使い方
では、トレザーの使い方をみていきましょう。
届いたトレザーを開封して、パソコンにUSB接続します。そしてブラウザのChromeから、TREZOR Extensionを追加します。すると自然とアプリが立ち上がるので、ファームウェアのアップデートを行い最新のものにします。

PINコードを設定します。これがパスワードのようなものです。
リカバリーシード(フレーズ)が出てくるので、そちらをメモします。これは秘密の質問のようなものなので、絶対になくさないようにしましょう。

トレザーのアプリの初期設定が済むと、アプリが立ち上がり、ウォレットの左上にコインを選ぶところがあります。そこから保管したい仮想通貨(ビットコイン:BTC)を選んで、「受信」タブをクリック。

そして「Show Address」をクリックしたら、送金先のアドレスが表示されます。画面にもQRコードがでているはずです。

そこに、Zaifから入金するのです。

Zaifでのコインの買い方
ここまで読んできて、そもそもまだビットコインを持っていないという人もいるかもしれません。そんな方のために解説すると、Zaifで口座を開いたら、簡単売買にアクセスします。

ビットコインを選択し、数量をと金額を入力して、ビットコインを買う、をクリックします。これだけでかんたんにビットコインが買えます。

あとは、Zaifの「入出金と履歴」からビットコインの送金を行います。トレザーが表示したビットコインアドレスをコピーアンドペーストし、送金が完了します。複雑なアドレスなので手打ちは絶対にしないでください。

これだけで、送金が完了し、トレザーに保管が完了します。ビットコインをなくさないように、Zaif推薦のハードウェアウォレットであるトレザーで守るのが一番です。

イーサリアムやビットコインで取引するならZaifで口座開設へ