世界最高の高級時計メーカーであり、スイス屈指の老舗ブランドがパテック フィリップです。創業は1839年まで遡ります。創業者でポーランド出身の亡命貴族アントワーヌ・ド・パテックとその2代目パートナーであるフランス人時計師のジャン・アドリアン・フィリップのそれぞれの姓から取られた「パテック フィリップ」というブランド名が生まれたのが1851年です。

ジャン・アドリアン・フィリップは革新的な時計師で、現在では腕時計に普通に使用されている、竜頭で針合わせを行う機構とゼンマイでネジを巻き上げるシステムを発明したことで知られています。
従来は時計の巻き上げといえば不便な鍵巻き式でしたが、彼の発明したこれらの機構によって時計の製造技術は飛躍的に高まりました。
パテック フィリップは、これらの革新的な機構をもとに、気品の高い優美なデザインの時計を次々と世に送り出しました。
時のイギリス君主であるヴィクトリア女王や、ヴァグナー、チャイコフスキー、トルストイといった芸術家、アインシュタインやキュリー夫人といった科学者など時代を彩る第一人者たちに愛好されたことで知られています。

calatravaB3rx

懐中時計の時代には、ありとあらゆる複雑機構を組み込んだ、他社の真似できない高い製造技術と、意匠を凝らした優美なデザインで一時代を築きましたが、腕時計の時代に入ってもパテック フィリップの輝きが衰えることはありませんでした。
中でも、1932年に初代モデルが登場した「カラトラバ」は、後に登場する様々なメーカーの腕時計に大きな影響を与えています。丸形ケースにバーインデックスと太めのドーフィン針の文字盤という簡素なデザインですが、時刻の読み取りという時計の最重要機能に焦点を当てたシンプルな美しさが際立っています。

初代モデル発表の時点で、すでに完成の域に達していた「カラトラバ」は、現在でもオリジナルのデザインを保ったまま、最新モデルが製造され続けています。

パテックフィリップカラトラバ5196Jを持つ喜び、商品詳細はこちら